読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代のやってはいけない冠婚葬祭作法

知らないではすまされない「冠婚葬祭」マナー

ひな人形の翌日飾りはお嫁にいけなくなる?





スポンサーリンク


三月三日のひな祭りをすぎると、どこの家庭でもひな人形を片づけてしまう。

 

「ひな人形を翌日飾りすると、お嫁にいけなくなる」といわれているからだ。実際に「お嫁に行けなくなる」かどうかはともかく、なぜ、ひな人形の翌日飾りはタブーなのだろうか。

 

ひな祭りは江戸時代までは上巳の節句といった。上巳とは、三月の最初の巳の日のこと。この日に厄払いのために、人形を小舟に乗せて海に流すという風習があったのだ。

 

やがて時が移り、ひな人形が高価なものとなった現代では、毎年、人形を水に流してしまうわけにもいかなくなった。そこで、水に流したつもりで片づけてしまうのである。

広告を非表示にする