読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代のやってはいけない冠婚葬祭作法

知らないではすまされない「冠婚葬祭」マナー

お供えの花は仏に正面を向けて供えてはならない?





スポンサーリンク


仏前に供える花  よく注意して見ると、みな仏に背を向けて置いてある。なぜ正面を向けて、花を供えてはならないのだろうか。

 

仏教では「華は慈悲を生じ、瞋りを消滅する故に忍辱を表す」(真俗仏事編)という。

 

忍辱とは、さまざまな迫害や辱しめにあっても、耐え忍び相手を恨まないという意味である。また、華とは花をあらわし、優しく美しい仏の大きな慈悲を象徴している。

 

だから、仏の慈悲のシンボルである花を勲章のようなものと考えると、お供えの花は仏に正面を向けずに、よく拝むことのできるように、仏に背を向けて置かなければならないのである。

広告を非表示にする